2/24五頭山(スキー場跡から途中まで)

 東京マラソン観賞後、昼食を食べてからの出発。午後1時30分に奥村杉の駐車場を付くと車1 台のみで寂しい。この強風の天候で登山を避けたのか、またはすでに下山したのか。トレースはし っかりと登山口に向かって延びている。前日はスキーのシールを忘れたので担いでワカンで登りま したが、今回はシールでの旧スキー場跡をルートを取る。強風の為前日のトレースはほぼ消されて いたので一人でラッセルです。時々陽が射したり、風が強くなって地吹雪状態になったりする。登 り始めて1時間半で598mP(出湯口コースからの合流点、三叉路手前のピーク)で引き返す。 旧スキー場のトップまでは登り返しもあるが、シールを外して滑降20分で駐車場に着く。今日は 獲得高度400m、行動時間2時間のスキーハイキングでした。  時々陽が射してくる  一人だけのトレ-ス  下山時の新雪のシュプール

続きを読む

2/23五頭山

 強い寒波の南下と冬型の気圧配置で再び新潟平野も白く覆われてきました。前夜半から低気圧の通過で 強い風も朝には納まって穏やかになりました。いつもの奥村杉の駐車場は除雪終えたばかりですがすでに 10数台クルマが有りました。登山準備中にも車が来ています。北西の風で雲の動きが早く雲の出入りが 激しく、視界も雲の影響で変化が激しい気象でした。大雪の跡、真っ白な新雪と木々は雪に覆われてお り、綺麗でした。先行者は小屋の掘り起こしに忙しそうで、一の峰方面の稜線方面にはトレース有りませ んでしたが、躊躇無く三角点峰目指し新雪のラッセル開始。後続2名でしたが三叉路から下った地点で下 っていきました。今日は一人だけの登頂(下山時も登って来る人がいませんでした)でした。三の峰から 五の峰までもトレース無く一人のラッセルでした。スキー場跡経由のつもりでしたがアップダウンを嫌い 再び三の峰へ戻り、小屋で一息ついて三の峰尾根を下りました。  長助清水の杉  五頭山の三角点峰  3の峰から4の峰間の雪庇  どんぐりの森上部のシュプール

続きを読む

2/17角田山(482m)

 前夜からの積雪は5から6cm、気温も低く道路も白く圧雪されていましたが、冬型の気圧配置が崩れ、 平野部は青空が広がりました。五頭山塊の稜線は雲の下で確認できますが二王子岳は1000m以上は厚い雲 の中です。そんな天候の中、角田山に登って来ました。登山口は最短コースの湯の腰口からです。積雪は うっすらと雪化粧ですが気温低くてカサカサの登山道です。先行者は3名程度でしたが下山者も数人でし た。積雪も高度が上がる毎多くなって、雪山ハイキングになってきました。晴れ間の広がった雪上の山頂 では各方面からのトレースが小屋の前で合流、たくさんの人達が集まっていました。  自然のドライフラワー  山頂直下の急登部  新雪の平らな角田山頂

続きを読む

2/9ニノックス(para)

 今日はニノックススキーカーニバル。パラグライダー体験のスッタフとして参加して来ました。体験者 は43名、クラブ員20数名献身的にレクチャー頑張りました。個人的には中段から4本飛び、トップアウト できましたが、夏の風とは違いパワーが強く、降りるためには翼端折のS字での高度処理が必要でした (ちなみにリフト券はスタッフなので優待券で無料でした)。山頂からは時折強風、雲低すれすれなので 今回は遠慮しました。  体験者1人に4から5人のスタッフです。パラグライダーの普及に一生懸命な胎内パラグライダークラブ員でした。  なぜかぬいぐるみのウサギが体験者にいました。再度挑戦です(2年前の体験者で前回は飛べませんでした)。  中段からの会長のテイクオフ。ギャラリー多く、テイクオフに拍手喝采でした。

続きを読む