12/29五頭山

 冬型、強い寒波の南下、日本海側は北西の風、降雪注意報ですが新潟平野の此処阿賀北は積雪も 無く穏やかです。いつもの奥村杉の登山口の林道は、先週の雨で夏の駐車場まで入れました。気温 だけは低く-2℃。途中の道路では凍結していて車は結構スリップしていました。三の峰尾根は風 なく穏やかでしたが前日までの降雪は10cm程度、気温が低い為に地面は出ていません。木々は強 い風雪の為霧氷が発達して白くとても綺麗でした。8合目過ぎてトップに出ましたが前のトレース を利用できてワカン無しで三の峰に着きました。小屋からはトレース無くワカンを付け三角点峰往 復する。四の峰、五の峰まで辿り再び三の峰に戻り往路を下る、途中新潟交通のI田さん達3名と 交差して下山しました。  登りは霧氷のトンネル  三の峰直下のブナ林の雪化粧  三角点峰のポール(先端のピンクのリボンに霧氷が張り付いています)

続きを読む

12/23二王子岳

 冬型が弱まって風も穏やか、しかし雲低が低く五頭山塊の稜線が隠れている。南俣から神社の林 道は途中の橋で駐車、新雪10cmで積雪は20cm位途中で仕度するスドウさんに昨日、今日の状況を聞 き、今日は独標位までと告げて登り始める。一合目手前でワカンを履いた先行者を追い越し、ワカ ンは二合目手前の一本杉で装着し、前日のかすかなトレースを頼りながら辿る。独標過ぎて鴨池 手前で追いついてきた後続の女性と交互でラッセルしながら登る。三王子手前の平坦なピークから はガスで視界不明瞭だが後続者達4名と一緒にポールを探しながら山頂に立つ。強風と濃いガスで 視界不明瞭の為、小屋には入らず早々と一王子小屋まで下山して一緒に遅い昼食する。  独標積雪2.8m位か。冬山用の標識が括り付けている。  山頂の青春の鐘のシュカブラ  ガスと強風の中、登頂者はそれぞれ写真を撮る。

続きを読む

12/15五頭山

 西高東低の冬型、平野は北西の風が強いがそれでも雲が途切れて青空も覗く、運動不足解消の為 登山口の奥村杉へ向かう。林道は除雪しておらず、林道途中で駐車する車が多い。それでも駐車場 には6から7台の車が止まっていました。こんな冬型の気象条件でも五頭山は賑やかです。三の峰の 小屋からはトレースなく一人ラッセルで二の峰、一の峰、三角点峰を往復する。三の峰小屋では二 王子岳でよくお会いするN目さん一行と出会う。スキー場跡コースから登って来たようです。下山 に利用しましたが、充分に積雪が無くヤブが多く大変なラッセルのようでした。また、ピンクのレ インカバーを見つけました。次の山行にお会いしたら渡したいと思います。連絡いただければ幸い です。下山時トレースありがとうございました。  新雪25cm位で除雪はしていませんでした。  三の峰尾根のトレース  三角点峰のポール。孟宗竹で高さ7mはあるようです。どんな風に持ってきたのでしょう?          スキー場跡の雪斜面からの新潟平野です。N目さん達の綺麗なトレースが続いています。

続きを読む

12/8冬囲い

 今日は西風が強いが陽も射しており、果樹(リンゴ1本、なし1本、柿3本、梅2本)の剪定し ました。ミカンは裏年で8個しか実がなりませんでした。またユズはミカンと同じ6年前に植えた のにいまだ実をつけません。雪害対策と霜の対策の為に囲いをしました。ブルベリーは2坪位に広 がり大藪になっていますが、今年は無剪定で行こうかと思っていますがどうなるでしょうか?  ミカンですが、どこにあるか探さないと見えません  冬囲い前のミカンの木です。  冬囲い終了後ですが、このままだと降雪でつぶされそうなのでとんがり帽子を考え中です。  柿の剪定後の姿です。左の赤い葉がブルーベリーの木ですが2坪位密集して中に入れないような感じです。

続きを読む