5-26コシヒカリ(田植え後3週間目)

 5月も下旬、田植えをして3週間目のコシヒカリの生育です。5枚目の葉が開いていますが、深水のた め分げつはまだ始まっていません。無肥料(窒素)、深水と初期除草剤の影響でしょうか? 今後の肥培 管理としては、今週末にも中期の除草剤散布(リードゾン粒剤)する予定です。早生のトドロキワセは6 月に入ったら肥料散布(元肥、穂肥含めて)。コシヒカリは6月の15日前後。その後、本田で一番の重 労働の溝切りは6月末から7月初めの予定をしています。  調査の5株の様子です。まだ分げつはしていません。  5株の中心の株の様子です。深水ですが順調に生育しています。  圃場の様子。葉色は濃くなって来ました。

続きを読む

5-24胎内(para)

 3日ぐずついた天気は今日の早朝から快晴となった。天気予報の風は南西南、海風期待して、朝食前に 田や畑の仕事を終えてから胎内へ向かう。テイクオフトップの風は南西、結構強く飛べそうもないので1 日体験者4名の塾長の補助、また新会員のレクチャーしながら講習バーンのトップから10本飛ぶ。今日 はクラブ員15名位でグランドハンドリングや講習バーンのショートフライトを楽しんでいました。  1日体験の様子、結構スムーズに立ち上げしています。(サポートがよいのか?)  グラハンの練習風景(講習バーンのトップから)  今日おろしたてのニューグライダー。熱心にグラハン、ショートフライトを繰り返していました。

続きを読む

5-19コシヒカリの生育(田植え後2週間目)

 5月5日に田植えを行い2週間目です。先週の雨をそのまま溜めていたのでかなり深水になっていま す。新葉が立っているので大丈夫(?)です。  5株の様子です。3葉目の葉は水面によたっていますが、4枚目の葉は立っています。  5株の中心の株ですが、深水で水も濁っているので下部はよく解りません。  条間がかなり曲っていますがご愛嬌です。

続きを読む

5-18火打山

 天候の回復が遅れ、下越地方は夕方しか晴れない予報。飯豊をあきらめ天候の回復の早い上越の火打山 へ行く。登山口の笹ヶ峰の駐車場は半分程度埋まっている。標高は1300mで残雪もあるので兼用靴を 履いて登り出す。雪面と木道半々の出だし。黒沢の端からはブッシュはうるさいが雪面がほとんどで急斜 面を登り尾根上に出る。シールは家に置いて来たのでスキーは担いで登りました。さすが上越、天候の回 復早く上信越の山並みは確認できます。雲が来ると峰々は隠れましたが12時過ぎは快晴の下くっきり見 渡せました。残念ながら、北アルプスの山々は雲底が低く、雲(ガス)の合間から見え隠れしていました が白馬岳周辺は確認出来ました。  黒沢を渡る橋  高谷池ヒュッテのトラバース付近の雪原(富士見平)  高谷池ヒュッテからの火打山、雲の往来が激しいです。  山頂からの妙高山、平野部は雲海に覆われています。  山頂からのシュプール(山頂からのウェーデルン、その下部は傾斜が緩くターンは大きいです)  新緑の映える笹ヶ峰高原からの残雪の戸隠山と乙妻山。手前は神道山(?)

続きを読む

5-12胎内(パラ)

 5月6日の振休です。前日のマラソンの後遺症が残っていますが天候もよさそうなので、ホームの胎内 エリアへ行ってきました。午前中は体験者3名、塾長の助手をしました。お昼の休憩の間にクラブ員4名 とフライトです。午前中のご褒美か?穏やかなサーマルの中550mゲインして、数年振りに風倉ゲレン デトップ往復出来ました。ゲレンデ上部から望む残雪の飯豊が手前の新緑の緑と映えてとても綺麗でし た。  胎内スキー場トップに向かう。奥の残雪の飯豊連峰がきれいです  ゲレンデトップからテイクオフ(中央コースの末端、白いパラボラアンテナが微かに確認できます)および日本海を望む  胎内のテイクオフ。新緑のグリーンに包まれて一番気持ちいい季節です。  テイクオフした仲間たち、結構渋そうです。

続きを読む

5-12コシヒカリ田植え後1週間目

 田植え後の好天に恵まれ順調のようです。水をたっぷり張ったためか葉身が傷んでしまいました。10 日に初期の除草剤(マーシェット粒剤)を散布し、今後(5月中)の作業はしばらく水管理のみです。  5株のコシヒカリの様子  中心の株ですか、葉身が傷んでいます。  圃場の感じです。新潟市街方面を望んでいます。

続きを読む

5-11五頭山麓一周ウルトラマラソン70km

 前年に引き続き参加です。参加者は53名、今回の目標はサブ8です。55キロまでキロ6分で刻んで きましたが、55キロでふくらはぎ痙攣、歩道でうずくまってしまいました。通り過ぎるランナーからの 励ましや塩飴等いただきありがとうございました。60kmのエイドまで5キロを体力の回復を待って歩 きましたがエイドの温かい励ましで残り10kmを走り切りサブ8ぎりぎり達成したようです。(正式な タイムはまだですが?)快晴で雲一つない好天の下(ランナーにとっては荒天?)のランででした。それ でも白鳥の湯で疲れをいやして汗を洗い流しましたが、一緒に入浴している周りのランナーは皆さん元気 で一人(本人)疲労困憊状態のようでした。湯上り後、足を引きずりながらの帰宅して食欲も無い状態で したが缶ビールだけは一本開けて寝ました。(タイムは7時間59分で見事にサブ8達成できました。)  スタート前の各ランナーおよびスタッフの方達です  スタート直後の風景です。撮影していたら最期尾となってしまいました。今年は前年よりピッチが速いようです  最初のエイドステイション(23km)です。ヘルメットにタケコプターのランナーです。余裕で5kmポイント毎に撮影していました。  二つ目のエイドステイション(36km)中間点です。まだ元気でキロ6分以内をキープしていました。  4つ目のエイドステイション(60km)、50kmのエイドステイションは疲労のため撮影を忘れていました。55キロから痙攣でここ…

続きを読む