8/30立山マラニック

 前年で終了の予定だった立山マラニックが今年も開催されるようになりました。前年 は残雪のため室堂ゴール。海抜0メートルから3,003m駆け上がるレースは中止となり ましたが個人的には登頂してもOKとなりました。しかし初参加で想像以上の体力の消 耗、それと強風ガスのため登頂は断念しました。しかし今年のレースもガス強風のた め、今回のレースはゴール室堂になったと八郎坂上部にスタッフ(前年1位の方)に言 われましたが、ゴール後、前年の忘れ物(1日で海抜0mから3,003m踏破)のため雄山 山頂に登って来ました。  出発は浜黒崎、暗い中まず海抜0m、富山湾の水に触れてから出発  エイドで水をいただいています。呉羽なし、オレンジ、梅干し、レモン等並んでいます。  称名エイド手前の私設エイド。味噌汁がおいしかったです。残念ながらお汁粉はまだ作成中でした。  弥陀ヶ原エイドです。ガスの中視界が効かなく道路以外何も見えなくなりました。  立山(雄山)の社務所。登頂に気が焦り室堂のゴールは撮影忘れていました。一の越から山頂への登山者は1組2名。下山者は1組2名と会っただけでした。こんな天候なので仕方がないのでしょうか。  雄山神社の前で記念撮影、疲労が顔に表れています。念願の海抜0mからの登頂をすることが出来ました。ちなみに午後2時30分時間に登頂、黒崎浜から10時間30分でした。宿泊の雷鳥荘には3時50分に到着し、温泉で汗と疲れを流しました?

続きを読む

8/23安達太良登山マラソン

 前日からの雨で登山道が滑り易く危険と現地からの報告で山頂登頂は取りやめ、くろ がね小屋(標高1350m)往復となり、残念ながら登頂はお預けです。代わりに距離 は5km位伸びました。標高差850m距離は29km位、天候は小雨で視界の効かな い道路コースです。陽が照らずに気温が上がらずに低め、幸いしてタイムは3時間39分 14秒順位は無いですが、90/293番目位でしょうか。初めてのトレイルランの大会、登 山者も多く激励をもらいながらの完走、結構疲れました。途中、喜多方ラーメンを食べ 自宅に戻りましたが疲労のためすぐに布団を敷き、今年初めての休肝日となり就寝しま した。 *追伸  8月25日の記録公表では、エントリー数293名、出走数238名、完走者数223 名(完走率93.7%)順位は85位でした。ちなみ1位のタイムは2時間30分40秒でした。 今回のタイムスピリットは7分01秒/kmでした。これがどんな感じかは全くわかりま せん。  記念品のTシャツとゼッケンと記録賞

続きを読む

8/16胎内(パラグライダー)

 今日の胎内は11時からアゲインストの風、一人で山頂へ送ってもらいフライトする もイマイチで上がり切れない、2番目の送迎もほぼぶっ飛び、3回目で漸くトップアウ ウト4機でテイクオフ周辺を他機警戒してウロウロ飛行するもゲイン150mが限度。 しかししエリア内はあまり高度は落ちず、1時間のフライトでした。その後、1日体験 4者名(女性)のフライトの手伝いでした。  久しぶり、Ⅿ岡さんのテイクオフ、オメガ7です。  上空からのランディング

続きを読む

8/15コシヒカリの生育

 出穂後10日で穂も頭を下げて来ました。雨水も十分で今後の天候次第ですが、充実し た実りが期待出来そうです。  こうべが下がって来ました。  調査株、1本植えの株は穂数20本になりました。  隣(右)のコシヒカリとの比較、田植えが10日ほど遅い。

続きを読む

8/9網代浜(モーターパラ)

 今日は、モーターパラです。半年ぶり、イベントには合流できませんでした。半年ぶ りのモーターパラなかなかスムーズに行きません。機械音痴のせいでしょうか?メン テナンスはしたことがほとんど無い状態でしたが、エンジンは快調、立ち上は調子 上々、ノッキングで引き返し網代浜周辺をフライトして終えました。今日のフライト1 フライトでしたが 獲得高度450m 時間1時間30分でした。  新潟海岸風力発電の風車が並んでいます。  加治川上流からの風景、シジミ取の人が大勢います。  加治川上流からの新潟市方面、高層ビルが目立ちます。

続きを読む

8/8胎内(パラグライダー)

 今日の胎内は晴れ、北西の風3から4m、絶好のコンディションですが暑すぎるのか あまり上がりません。1フライト、フライト時間1時間40分、ゲイン250mでした。  テイクオフ裏から  胎内リゾート、噴水が風の強さ、方向を知らせてくれます。  テイクオフ正面から

続きを読む

8/8コシヒカリの生育

 すでに穂揃い期(茎の穂が80%位出た時期)になりました。今後の管理としては水管 理です。この時期は特に水を必要しますが、秋のコンバインの刈り取りを考えて田面が 柔らかくならないように、また白く乾かない様に注意がひつようです。他の作業として はヒエ取りです。圃場のあちこちにヒエが顔を出しているので露のない夕方にとる予定 です。後は畦畔除草、盆過ぎに一回の予定です。  調査の5株、ほとんど出穂して株自体は良く分かりません。  調査の1本植えの株も穂揃い良くすべての茎数が出穂しています。  畔際からの穂の様子。  圃場全体です。

続きを読む