2016/3/30五頭山

 五頭山を三の峰尾根経由三角点峰、五の峰からスキー場跡コースで行ってきました。 まだ木々の芽吹きには早く、マンサクが残雪の上で開花していました。5合目あたりか 雪上登行です。週の半ばですが今日の登山者のトレースもあり、また前日のトレースも たくさん見受けられました。平日でも賑わっている五頭山でした。  七合目の長助清水です。ブナの幹回りに雪解けの輪が出ています。  三角点峰のポール  菱ヶ岳(五頭山塊最高峰)への稜線  雪上に開花しているマンサクの花

続きを読む

2016/3/21浅草岳 早坂尾根滑降

 彼岸の中日に念願の早坂尾根をスキー滑降して来ました。林道除雪終点の洞窟風呂の 前では車17台ありました。雪の降る中大勢の登山者です。スキーにスノーシユウ等の おびただしいトレースが続いています。しかし今回、トレースをヤヂマナ沢をムジ ナ沢と勘違いしてルートを右岸に選択してしまい、ネズモチ平から白崩沢左沢と右沢の 中間尾根を取り付きましたが途中1177mから急斜面、スキーを担いでのキックスッ テプの登行は結構難儀しました。山頂で下山の支度しているとき急にガスが晴れて、下 山の早坂尾根が一望の下で、強風のため表面が柔らかいクラストした斜面をスキーの エッジが良く効く気分の良い滑降する。100m降りると風が弱くなり広い尾根全体が 新雪でとても気分の良い滑降を楽しめる。新雪で先行者の要ることを確認出来ネズモチ 平への分岐点も確認出来ラッキーでした。長い林道滑降も先行者のトレースのおかげで スイスイと下山できました。ちなみに下山時刻は14時50分でしたが車は自分の車以外1 台しかありませんでした。又ルートを間違えたため一人も会えない山行でした。又3連 休最後の日で皆さん急いでいたのでしょうか?  除雪終点、雪模様で今日最後の登山者でした。  山頂のスナップ。ガスで視界はほとんど効きません。  早坂尾根上部からの尾根、雲が切れ青空も見えて来ました。  守門岳も見えて来ました  早坂尾根下部全景と粟ヶ岳方面

続きを読む

2016/3/13粟ヶ岳

 粟ヶ岳に行ってきました。車は浄水場までしか除雪してませんでした。登山口の上流 のダムまでは徒歩30分です。天候は薄曇り、風は弱、気温は低く残雪が硬く登り易い 2合目から3合目間の日当たりの良い尾根上はマンサクが開花していました。今年初 めてです。砥沢ヒュッテから上部はガニアイゼン装着、先行者は立派なアイゼンを 装着していました。山頂からの展望は薄曇りながら遠くは越後駒、中の岳、尾瀬の燧等 が浅草、守門の奥に望めました。会越国境は御神楽、貉ヶ森の稜線、手前木六山、七郎 平、銀次郎、銀太郎青里、矢筈が奥山の雰囲気を出していました。  砥沢ヒュッテ手前の雪稜  川内山塊の盟主「矢筈岳」  飯豊連峰  守門、浅草岳  山頂からの弥彦、角田山

続きを読む

2016/3/5二王子岳

 高気圧どっぷり。風も弱く今回は山スキー止めて、パラグライダーで飛んで下山の予 定でパラグライダーを担いで登る。登山口の南俣集落先の林道ではすでに10台越える車 が駐車していました。ワカンを持参しましたが山頂までは使わずじまいでした。ほとん どラッセルないのにスノー―シューを履いている人やアイゼンを履いているが大勢いま した?安全第一でしょうか。テイクオフは二王子神社から西の風2m程度で楽々一発で テイクオフ。下山飛行は上昇せずに中尾根上空を真直ぐ南俣の雪田へランデイング。  独標の積雪3.5Ⅿ  油コボシの急登、今日は雪が柔らかく登り易い。  山頂で飯豊連峰をバックに担ぎあげたパラグライダー一式。  高知山、中尾根からの登山者、トレースが続いています。  登山口の南俣集落の上空、右下の林道横の雪田にランデイングしました。

続きを読む