2017/1/29~30安達太良山

 29日快晴の下、安達太良山に登って来ました。今回はゆったりとくろがね小屋泊と、一泊二日の山旅でした。あいにく30日は強風、雪、早々と下山した奥岳温泉は強風、雨でした。29日は小屋の人いわく、こんな日は珍しいと言うくらいの快晴微風、視界は360度。那須連山、尾瀬周辺の峰々純白の飯豊連峰、たおやかな吾妻連峰と以外に近い蔵王の山並みがクッキリ、また福島市の街並み、信夫山が間近に手に取れるような感じでした。  矢筈ヶ森のピークとくろがね小屋  小屋上部からの安達太良山山頂とそれに続くトレース  那須連山  磐梯山と飯豊連峰  沼の平、飯豊連峰と吾妻連峰  矢筈ヶ森から鉄山(奥は西大巓、西吾妻)  今回唯一の滑降した斜面(矢筈ヶ森の右下から)

続きを読む

2017/1/25五頭山

 強い寒波の落ち着いた頃、風も少し弱まった今日。パウダースノー求めて五頭山へ、スキー場跡からの登行です。先行者1名、旧スキー場上部まででした。トレース、シュプールを眺めると山スキーの達人?上級者のようです。スキーのラッセルは10cmから20cm、雲底は800mから900m位。9合目までは風はほとんど感じないが五の峰は強風でした。西風は下部は西側の尾根によりブロックされているようです。しかしエビのしっぽは北西風の方向でした。気温は低く奥村杉の駐車場からマイナスでふかふかの雪は、革靴とテレマークスキーの相性はグッドでした。  旧スキー場のトップ、先行者のトレースはここまで。  出湯からの分岐点、6合目  五の峰、雲底ぎりぎりです  ふかふかのパウダーを独り占めです  五泉方面の夕日

続きを読む

2017/1/19二王子岳

 今年初めての二王子岳です。前日は晴天で登山者大勢?スキーのトレースあり、、スノーシューの跡あり。今日は午後後半から天候回復予定を期待です。しかし油コボシ上部はいつもの強風、視界100m無いくらいで赤布を小枝に括り付けての登行でした。  独標がクッキリ確認できます。  独標、積雪2.7m位、平野部は展望良いですが、上部はガスの中です  山頂のエビのしっぽ、視界20から30m  山頂の避難小屋、除雪が面倒なので中へ入らずに即下山しました  独標上部の第2斜面、上りの登りのトレースとスキー滑降のシュプール(おぼろげですが)

続きを読む

2017/1/17菱ヶ岳(杉鼻手前のピークまで)

 風もなく穏やかな日、午前中は陽射しが暖かいので、午後から五頭の登山口状況確認しに奥村杉へ行く。あまりきれいに除雪しておらず、圧雪10㎝位あり結構スリップしながらの林道です。(下山時は綺麗に除雪していました。)車は3台駐車あり、すでに下山した後も3台位あり、こんな平日でも結構入山しています。天候は雪が降って来ました。菱ヶ岳に方面にスノーシューのトレース(二人の登行、下降)あり。3合目手前に引き返っています。その後土、日曜日のワカンのトレースがうっすらありましたが、これも4合目付近で消えていました。5合目からは忠実に尾根を辿り杉鼻手前の640mのピークが今日の最高地点になりました。前方の杉鼻も降雪で視界が悪く確認できません。早々と下山しました。  奥村杉の駐車場  今シーズン初めてのスノ―シューを履きました  今回の最高地点、平年はナイフリッジ状になっていますが?  陽が射してきました。豪雪後の樹木  3こぶのピークの一番手前のピークが今日の最高地点です。

続きを読む

2017/1/10菱ヶ岳~五頭山

 あまりの穏やかな天候で五頭へ出掛ける。登山口の奥村杉の駐車場はまるで雪が無い。前日の雨で消えてしまったようだ。快晴の天候も午後2時を越えると急速に暗い雲が広がり、3時には雨が降り出して来た。積雪が少なく夏道通しだが、やぶがうるさい。先行者一人いるが大変な感じがよく分かる。  8合目の上部でワカン装着、先行者のトレースを辿る。陽春の日差し?  五頭山方面、五頭山塊の稜線  マンサクのつぼみに霧氷が付いて、青空に映えています。  四の峰の毘沙門天、奥に三の峰の避難小屋が見えます。すでの全天は暗くなりました。  雪の衣をまとった親子地蔵です。

続きを読む

阿賀野川河川敷(para)

 今日は新潟では珍しい晴れの予報でした。高曇りのようで陽射しはあまり強くはありませんでしたが、冬の胎内パラグライダークラブ御用聞き?阿賀野川右岸の北区濁川の河川敷でに昼過ぎから参加しました。今日は朝から総勢13名が顔を出しグランドハンディリングを楽しんでいました。  強風の中、グラハン粘っていました  休憩中のギャラリーのクラブ員も、この後機体を出しグラハンしていました  少し風が弱まり、グラハンを楽しんでいました

続きを読む

2017/1/7五頭山

 弱い冬型の気圧配置後の登山。今回の行程は旧スキー場から五の峰から順に一の峰、三角点峰まで下山は三の峰尾根を降りました。このルートの先行者は2名、8合目で一人合流、9合目からワカン装着しましたが、先行者はツボ足のまま、五の峰に同時に到達しました。三の峰から立派なトレース付です。天候は曇り、雲は低くかろうじて五頭山塊が雲の下でした。会越国境は薄いベールで弱い雪でしょうか。  五の峰直下の親子地蔵  三の峰と二ノ峰間のトレース、雪のイルミネーションです。  一の峰  三角点峰の竹竿  四の峰山頂では黄色いテント一張

続きを読む