2017/10/24~25甲武信岳

 新潟平野の田園を潤す母なる大河、日本一長い信濃川の源流をたどって来ました。日本を縦断して大変な被害を出した台風21号の通過後の好天を期待しながらの山行です。平日にも関わらずに川上村からの登山口、毛木平では5台の車があります。標高は1450mです。紅葉の程度は白樺はすでに落葉、他の広葉樹は終盤?、台風の強風のため落葉?カラマツが5分程度です。千曲川に沿ってしばらく落ち葉の遊歩道登ります。コメツガの樹林帯をしばらく歩くと千曲川源流の標柱があり広場になっています。甲武信ヶ岳山頂では富士山が大きい、南アルプスは雲の切れ間から除く程度、西北からは八ヶ岳、浅間山、北には武尊、男体、女峰山が雲上に確認できました。小屋は本当?の山小屋らしく質素で若い管理人も親切で好感が持てました。他の宿泊者は三重からの五名の女性のみで静かな夜でした。残念ながら御来光は雪のため視界効かず望めませんでした。下山は降雪の中、再び甲武信岳、三宝山、十文字小屋から毛木平コースを辿りました。 ナメ滝、千曲川に沿って遊歩道は続きます。台風の通過後なので水量は多めです。  源流の標柱  この湧水が水源のようです。おいしい水でした。  山頂からの八ヶ岳  武尊、男体、女峰の山並み遠望、手前のノコギリの歯のような山は両神山です 夕日を浴びる富士山  三宝山、甲武信岳より高く一等三角点ですがコメツガの樹林の中で視界は効きません。

続きを読む

10/8胎内(para)

 風が良い感じ、今後しばらく飛べそうもなく胎内へ。今日の胎内はクラブ員11名と一日体験者3名で平日にも関わらず集まっていました。薄日ながらサーマルブローが入るが高く上げる力が弱くBクラスの練習日よりでした。2フライト後午後2時過ぎからは鳴倉、白鷹のビデオ観賞会でした。  一日体験の模様を伺うクラブ員  テイクオフの準備するクラブ員達  一日体験のショートフライトを上空から観賞

続きを読む

2017/10/17ダイグラ尾根

 今回の山行はダイグラ尾根往復です。秋の日照時間の短さを早立ちでカバーするべく4時集合で豊栄出発。天気予報は晴れ、特に今年の10月はぐずついており滅多にないチャンスです。同行I田さんとアップダウンに悩ませられながら、飯豊の紅葉を堪能して来ました。天狗平5時40分発,本山11時30分着12時発下山、天狗平14時10分着。今日の行動時間は10時間30分、獲得高度2400m、歩行距離27.3kmでした。  長者平は朝霧の中です  大岩沢の雪渓、まだ残っていました  ダイグラ尾根途中からの北股、梅花皮、烏帽子岳  秋田のぞみの平の紅葉  千本峰の紅葉  本山からの連峰中央部 

続きを読む

10/9新潟シティマラソン

 コース変更、ハーフを無くし新しくリニユーアルした新潟シティマラソンにフル4名、10km4名参加でして来ました。スタート地点で気温はすでに21℃、暑くなりそうな気配。特に新潟南トンネルは大勢のランナーでとても暑く、海岸道路では風もあり涼しく感じましたがかなり気温は上がった感じでした。ハーフ過ぎから歩行とランが半々になり熱中症気味で頭が時々くらくらして来ましたが、沿道の途切れない声援のおかげでようやく完走することが出来ました。タイムはフルで過去最低の記録グロスタイムで4:48:52もかかっていました。 スタートの整列前にウオームアップしている選手たちビッグスワンのピッチ内  一人遅刻していますが今回のメンバー  続々とビッグスワンに向かってくる選手たち  6回連続のゲストランナーのQちゃんと手をつなぎながらゴールする選手たち、Qちゃんも一生懸命でした。私はちなみに平成大橋の第8関門でハイタッチしてもらいました。

続きを読む

10/8鳴倉山(PARA)

 胎内クラブ今年最後の遠征?19名参加で胎内クラブ独占の鳴倉山でした。テイクオフで地元のE藤さんの丁寧な説明を受けてエリア初めての会員4名トライ。A藤さん最初にデモフライトでテイクオフするが、まだ充分な上昇気流無も、その後のエリア初体験のクラブ員は尾根上で飛ぶだけで上昇。高圧線過ぎて360°旋回するも落ちずに旋回し続けていました。ピッチングもなく穏やかな空気中で十分に堪能したと思います。初フライト後2回、3回飛んでいました。パイロット、XC証のクラブ員は標高500mから600mのゲインで2時間近く楽しんでいました。  今日のフライト1本、飛行時間1:45、ゲイン600m(標高で1150m)さすがサーマルエリアの鳴倉山を満喫したクラブ員でした。  鳴倉山テイクオフの会員魚沼市街を眺めフライト意欲満々のクラブ員達  M岡さんのテイクオフ。この後サーマル活発になり2時間程度エリア内移動していました。  クラブ員しか飛んでいません。  これから上げて来ます。  やっとS藤を上空から撮影出来ました。

続きを読む