2018/2/27PARA五頭山

 穏やかな日差し、風も弱い中パラグライダーを五頭山に担ぎ上げフライトして来ました。平日にもかかわらず、奥村杉の駐車場には15台以上あり人気の山です。立派なトレースを長靴、ストックなし(忘れたため)で登りました。今年は積雪多くヤブが隠れてどの峰からもテイクオフ可能です。南風から北までの風はokです。今日のテイクオフは一の峰先の展望の良いピークから。天候は薄曇り、南風、風速は1から2mとベストの風。一回目、足場悪く立ち上げ失敗、雪庇のしたからテイクオフしました。三の峰8合目あたりでヒット、テイクオフまで戻るが970mでカスミ上になり2周してランディングの駐車場に向かうが、扇山横の雪原にランディングして旧林道コースを下山しました。  三の峰の小屋、雪面から3m下です  三の峰、二の峰、一の峰、三角点峰  上空からの三の峰尾根

続きを読む

2018/2/24五頭山

 今回は出湯温泉から五の峰往復。登山中に小雨も上がりましたが強風になる。先行者は1パーテー2名、烏帽子岩で休憩しており、先はトレースが無く下山予定だそうだ。スキーのシールの留め具が破損して片方はシールなしで登るがきつい。スキー場跡からの分岐点からは下山のトレースあってスキーを担いでツボ足で登る。  一合目、林道から杉林に入る  八合目付近、の五の峰、視界が効き始めました  五の峰山頂、友情の鐘、四の峰、三の峰を望む  九合目、1時過ぎでようやく中食  九合目のブナの雪姿

続きを読む

2018/2/16五頭山

 久しぶりの晴れ間、今日は昼食後に家を出る。奥村杉の駐車場は満杯で林道路上で多く車を駐車している(50台くらい)。旧スキー場跡からテレマークスキーで登る。キャンプ場まではトレース多数。それ以降は下山のワカン、スノーシユウの2名の足跡でした。日向は陽に照らされてグサグサ、日陰はパウダー。また750m上部は霧氷で気温が低い。スキーのシールは上部雪が付着して重く登り、滑りつらい。三角点峰まで往き、往路下山。五の峰でシールと取りスキー滑降でした。  旧スキー場上部から振り返る  五の峰から登って来た尾根を確認  三角点峰と飯豊連峰  三の峰から四の峰間の雪庇  この尾根一番の斜面でのシュプール

続きを読む

2018/2/10大峰山

 今日は金山から願文山経由大峰山です。取り付きは集落奥の除雪終点から白山神社の鳥居からですが、トレース無しでワカンを履いての登行です。願文山からは大勢のトレースあり、ほとんどの人がツボ足で登下行していますが、ワカンを履いたまま通しました。歩行距離6.74km、行動時間3時間11分(休憩含む)、標高は400mですが高度上昇は430mでした 白山神社の鳥居。ここからが願文山コースの登山口です  チェリーヒュッテ手前から日本海海岸、風力発電のプロペラが目立ちます  山頂  山頂からの杁差岳ですが上部は雲の中です

続きを読む

2018/2/3菱ヶ岳から五頭山

 今日は午後からワカンで菱ヶ岳へ。往復のつもりが天候もそんなに悪化しないだろう?またトレースあるのでオッタテ尾根下山で稜線を歩くが風雪で先行者のトレースも確認ままならない状態で、中の岳からの下山するオッタテ尾根が判明せずに、安全のための五頭山へ向かう。三叉路手前から急速に風も弱まり、視界が効き始めたりして冬山の天候急変など厳しさを感じた山行でした。  6合目、杉鼻からの上部。午後過ぎなので全天雲に覆われてしまいました  9合目付近からは風雪になってしまいました  菱ヶ岳山頂手前のナイフリッジ  稜線の三叉路手前で風雪が止み、視界が効き始め一安心でした

続きを読む

2018/2/2二王子岳

 一年で一番寒い頃、今日は快晴、風弱い予報。登山口の南俣集落奥の登山者専用林道駐車場にはすでに6台の車、その後2台追加です。平日でも結構登山者は多いです。油コボシ手前で先行のスキーヤーがすでに下山交差。山頂から飯豊連峰、朝日連峰の絶景。おまけに鳥海山も確認出来ました。しかし西、南方面は雲が低く遠くは望めませんでした。三王子下の1330mの平頂からの北斜面は今シーズン一番のふかふかのパウダーでした。  3合目手前の冬季尾根の賑やかなトレース  独標、積雪4.5m  油コボシ手前からの絶景です  巨大なエビのシッポの空間からの飯豊連峰  北股岳、右奥に本山、駒形山   1330m平頂からの北斜面中段からのシュプール、ふかふかのパウダースノーでした。  油コボシ下から1330pからのシュプールを振り返る  鳥海山遠望

続きを読む