3/15 頼母木山(飯豊連峰)

 今年初の飯豊。恒例?の西俣尾根から頼母木山へ、調子が良ければ千代吉沢滑降して、大石山へ出て頼母木山を考えていましたが、オオドミ台地から上部は斜面氷結して硬く、ストックもめいっぱいつかないと刺さない状態でスキーアイゼン装着し結構神経を使ったり、体力消耗して結局往路下山でした。先行パーテーは2組で、一組は西俣峰まで、十文字池上部でスライド。二組目はオオドミ台地手前の鞍部まで枯松峰下でスライドしました。十文字池まではスキーを担いでツボ足で、以降はスキーを履いて登りました。山頂付近は地吹雪、気温-5℃風下で休憩、三匹穴まで降りると風は収まり穏やか、枯松峰では晴れ間が広がり飯豊本山からの稜線も現れ純白の稜線を指呼できる。


P3153099.JPG 大曲り手前の岩場。雪がありません



P3153104.JPG 十文字池の三本ブナ。枝ぶりが三本ともすごい



P3153105.JPG 西俣峰からの頼母木山。ガスで上部は見えません



P3153107.JPG 枯松峰下、先行パーテーが下山して来ました



P3153109.JPG 枯松峰からの頼母木山。まだガスっています



P3153114.JPG 三匹穴。樹氷のダケカンバ



P3153115.JPG 山頂。エビのシッポが小さい



P3153116.JPG 飯豊北部の稜線




P3153126.JPG スキーのシュプール。上部(1650m以上)はクラストして氷結?自分の腕前(足前)では歯が立たず、南斜面の吹き溜まりでようやくスキーが出来ました



P3153131.JPG スキーのシュプールⅡ。三匹穴周辺。これ以降カメラ不調で撮影できませんでした。

この記事へのコメント