2/26折居山から松平山(折居川上流周回)BCS

 豊富な雪を期待して折居集落奥の除雪終了点まで行くが、現在の積雪は意外と少ない。杉の植林地の間の林道は一面、落ちた杉枝、杉葉で覆われていました。砂防ダムからようやくスキーを履く。セイジョ沢と岩の沢間の尾根に取り付くが雪が少なく、特に南西斜面は雪解け早くスキー履けず、結局標高500m付近まで担いでしまう。金鉢山の登りは担いで、他はスキーで走破しました。山葵山までシールを張り付けていました。下山(滑降)についてはスキーを脱ぐことはありませんでした。山葵山から赤谷林道までは雪が豊富で結構スキーは楽しめました。今日の山行 時間5:53、距離16km、獲得高度1176mでした。
*折居山888m、金鉢山890mの表記は故藤島玄さんの「越後の山旅」の山名記載にならいました。現在の地図では折居山888mを金鉢山と記載されていますし金鉢山については三角点もなく山名の記載がありません。


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg16.jpg   取り付きの尾根の急斜面にトラロープありました。今までで初めての発見です。こんな雪の無い取り付きも始めてでした。  



2021.2.26金鉢山から松平山.jpg14.jpg   スキーを担いでの急斜面で今年初めてのマンサクの花で癒されました。標高500m付近まで開花していました。


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg12.jpg   折居山の肩の平坦な斜面


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg11.jpg   折居山山頂から加治川対岸の二王子岳


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg8.jpg   金鉢山 かなり急登です。雪のナイフリッジ状をツボ足で登りました。今回はアイゼン装着しなくても、新雪の下の雪面もまだ硬くならずにキックスッテプでOKでした。



2021.2.26金鉢山から松平山.jpg5.jpg    なだらかな松平山と続く稜線、結構複雑です


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg4.jpg    松平山から五頭山への分岐点 ガスがかかると難しい地形です  


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg3jpg.jpg    松平山山頂から五頭と菱ヶ岳


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg2.jpg    松平山山頂から金鉢山、折居山


2021.2.26金鉢山から松平山.jpg1.jpg    山頂付近の稜線    



この記事へのコメント