4/8頼母木山(1640mまで)

 天気予報は朝から晴れだが、山の天候回復は遅く、小雪が舞う中の登山でした。梅花皮荘に戻っ

てきた頃ようやく梶川峰が顔をだした。稜線はまだ厚い雲の中しなかった。奥川入荘から先行パー

テーはワカン使用していた。スキーは担いでトレースを使用させてもらう。尾根上の末端から取り

付かず、岩場下に側面から取り付く。先行パーテーは尾根末端からの様。再びトレースを辿る。十

文字池で先行パーテーを追い越す。これからスキーにシールをつけての登行。急斜面は結構なラッ

セルでした。西俣峰を越してから下山のパーテーにクロスする。先行パーテーと同じN潟山岳会で

した。三匹穴上部1640m上部はヤブも露出しておらず乳白色の世界で視界極端悪く斜面もよく分か

らない状態でした。標識竹を車に置いて来た事が悔やまれる。後、標高差100mなのに残念だが下

山する。枯松峰に緑のテント一張有りました。今回は梅花皮荘の出発時間7時10分高度1340m獲得

で4時間20分要した。下山は途中昼食して2時間10分でした。梅花皮荘には午後2時20分に

到着でした。

イメージ 1 オオドミ台地


イメージ 2 標高1640m今日の最高到達点


イメージ 3 三匹穴の大ホール


イメージ 4 西俣峰下部のシュプール

この記事へのコメント