2017/3/18杁差岳(北の大沢滑降)

3月の彼岸の3連休、天候も良好。今回の往路は奥川入荘の裏手、西俣ノ沢を辿り上の境から東俣川に出て広河原から北ノ大沢経由杁差岳。復路は北ノ大沢滑降、枯松峰、西俣峰の中間峰へ出て西俣尾根滑降です。前日までの西高東低の冬型で20㎝程度の新雪で沢の中は表層雪崩が数多く発生していました。また東俣川ゴルジュ帯の途中で表層雪崩の雪煙に遭遇しました。幸い風だけでしたが沢の中は雪煙が下降して何も見えない状態になりました。千代吉沢、北ノ大沢分岐ではまだ杁差岳山頂は望めましたが、1200m以上は濃いガスの中で、最後の詰めを誤り長者平に上がってしまい北西の猛烈な風に遭い山頂に立ちました。下山はガスの為、上部斜面は傾斜もわからず戸惑いながらの滑降でした。


イメージ 1 西俣沢下流の状況、朝陽を浴びながら


イメージ 2 割れているので沢東側(左岸)を辿る


イメージ 3 西俣尾根の「大曲り」を望む、沢もゆったりしてくる


イメージ 4 上の境直下の斜面を登る


イメージ 5 上の境、強風の通り道で地肌が露出している


イメージ 6 上の境からの入リ平、出ト平尾根


イメージ 7 広河原への樹林滑降、まだ雪が軽く今回で一番快適でした


イメージ 8 樹林滑降遠望


イメージ 9 振り返ると枯松山が正面です


イメージ 10 千代吉沢、北ノ大沢出合からの杁差岳、ここまで天候は良好ですが風の流れはとても速いです


イメージ 11 山頂の標識とシュカブラ、少しスキーの先端が覗いています。強風視界不良


イメージ 12 杁差避難小屋


イメージ 13 強風を避け小屋の裏でツェルトを張り休憩です


イメージ 14 西俣尾根に上がる途中で東俣川の登行のトレースと直滑降のシュプール?