頼母木山(西俣尾根)11/3

 晩秋の飯豊のつもりが初冬の飯豊、頼母木山を西俣峰経由で行って来ました。西俣峰過ぎて雪の残骸、枯松峰からは雪を踏みしめて。三匹穴からはツボ足で20cmから30cm。古い登山靴の中はビショビショ、また雪の表面が硬くズボッとぬかり、体力の消耗が激しい。ついに太腿の内側が硬直し始めるがだましだまし山頂へ。

イメージ 1 登山口の奥川入荘からの朝焼け


イメージ 2 大曲周辺は紅葉の真っ盛りでした


イメージ 3 西俣峰と枯松峰の中間からの杁差岳


イメージ 4 獣?鳥の足跡


イメージ 5 獣の足跡


イメージ 6 頼母木平からの山頂と地神岳


イメージ 7 エビのシッポが崩れた後


イメージ 8 杁差岳


イメージ 9 枯松峰手前の凍った落ち葉、朝の踏みしめはザクザク、下山時は乾いてサクサクでした