2017/7/9飯豊本山(大日杉から往復)

 梅雨の中休み3日目。今回は夜明け前の4時から登り始めるが陽が登るにつれ、気温がぐんぐん上昇して大汗をかきながらの登行です。お目当てのヒメサユリは開花時期がバラバラで花きの終わりかけ、最盛期、ツボミと地蔵岳から切り合わせ間はいろいろでした。ハクサンチドリ、アカモノ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマキンバイ、イワカガミ等商い稜線でした。草履塚からはヒナウスユキソウ、オヤマノエンドウの共演は見事でした。本山手前にイイデリンドウが3株開花していました。  三国岳から七森の稜線  地蔵岳からの種蒔山へ続くヒメサユリの稜線  御坪からの飯豊本山  本山。9時過ぎから雲が湧いて、主稜稜線は隠れてしまいました。  オヤマノエンドウとヒナウスユキソウ

続きを読む

2017/6/24杁差岳(東俣川権内尾根)

 21日梅雨入りしましたが、再び梅雨前線が南下して北陸は晴れが続きそうです。そんな中、今日は飯豊連峰北端の杁差岳を北端のコースである東俣川から権内尾根コースからの登頂コースです。先行は登山道刈り払いチーム一行4名様ご苦労様です。10時過ぎから雲が上昇してきて稜線は雲の飛来で見え隠れしています。おかげで前杁差岳~からは結構涼しく登る事が出来ました。又ハクサンチドリ、イワカガミ、マイズルソウ、ゴゼンタチバナ、ミツバオーレン、オオバキスミレ?、ミヤマキンバイ?、イワイチョウなど高山植物に励まされながら登頂出来ました。  ギンリョウソウ、群落がいっぱい有りました  〇〇アザミ、花が重いのか頭を垂れています  権内峰からの前杁差岳。左は長者平、杁差岳は?  4月滑降したS字状の千代吉沢  ハクサンイチゲと避難小屋  千手観音のようなブナの枝ぶり

続きを読む

2017/1/2頼母木山

 雪のある山へ目指し、今回は頼母木山を目指しましたが、下部(西俣の峰まで)は小雪の為ヤブコギ+ラッセルは湿雪で重い雪のため疲労困憊の為、三匹穴までで引き返しました。それでもさすがに1400m以上は霧氷(エビのしっぽ)がついていました。  十文字池付近、まだヤブが多いです。  今日の最高到達点、三匹穴  枯松峰から単独のトレースと奥の枯松山  杁差岳、稜線が見えて来ました  頼母木山も姿を現し始めました

続きを読む

2016/11/27三国岳

 久しぶりの飯豊山の表登山口、山都町川入からです。前夜、御沢キャンプ場で雨の中車中泊して十五里坂から剣ヶ峰を経て三国岳の往復して来ました。天候は曇り、十五里坂は落ち葉を踏みしめながら笹峰付近から雪を踏みながらの登行。剣ヶ峰にはクマの足跡、地蔵山にもクマの足跡が続いていました。幸い遭遇はしませんでした。剣ヶ峰は雪がいやらしく付いてフリクションが効かず鎖を頼りで越えました。下山時はアイゼン装着して慎重に降りました。  笹平、水っぽい新雪を踏みながらの登行です。  三国岳避難小屋。ガスの中で景色は何も見えません。  剣ヶ峰の核心部。結構いやらしい雪の付き方でした。  クマの足跡。通った直後のような踏みあとです。  ナメコ、今日のご褒美?です。

続きを読む

2016/10/19大日岳

 今日はI田さん念願の飯豊連峰最高峰の大日岳と同行。のびのびになった山行でしたが快晴の下、風もなくまたほかの登山者も居なく静かな紅葉山行となりましたが紅葉真っ最中のオンベ松尾根を十二分に楽しめました。山頂からの展望は北方面は鳥海山がクッキリと申し分なかってのですが南方面は博士山、志津倉山方面まででそれ以降は雲の中でした。紅葉は1200mから1600mが最盛期で楽しめました。  オンベ松尾根の紅葉  牛首からの草紅葉の登山道、踏みながらの登行  北股岳  天狗から烏帽子の稜線、奥に朝日連峰、月山、鳥海山が望めます  オコナイ沢の紅葉、ブナの黄色が素敵です  飯豊本山  烏帽子山の紅葉、奥に蒜場山対岸の焼峰、最奥に五頭連峰の山並み

続きを読む

2016-8-14ダイグラ尾根

 立山マラニックの訓練?で長時間の山行と獲得高度を得るため、ダイグラから本山、 御西、地神北峰から丸森尾根下山して来ました。真夏でも稜線はガスの中で涼しかっ たです。視界はあまり効きませんが稜線上には百花繚乱、ハクサンフウロ、ミヤ マナデシコ、のピンクの花、ミヤマキンポウゲ、ミヤマアキノキリンソウ、ウサギギ クの黄色の花、ミヤマカラマツ、シシウド、イワイチョウ、ウメバチソウの白い花、 ミヤマトリカブト、マツムシソウ、オヤマノエンドウの紫色の花等がやま行の疲れを 癒してくれます。今回はあまり無理せずに大日岳はカットです。今日の行動時間は9 時間43分。獲得高度は2800mでした。  休み場峰からの宝珠山、ガスの稜線  本山から駒形山、御西岳方面の稜線  ミヤマカラマツの群落。他ミヤマキンポウゲ、イワイチョウ、ミヤマトリカブトなど(天狗岳から烏帽子岳間の稜線)  ハクサンコザクラ。(天狗岳から烏帽子岳の稜線)  イイデリンドウ陽が差さずにつぼみが多かったです。(地神山、地神北峰間)  ミヤマリンドウ。(本山、御西岳間)

続きを読む

2016/7/10北股岳(足の松尾根往復)

 今回は家からバイクで足の松尾根登山口まで1時間半かかる。登山口にはすでに乗合 タクシーの始発?の人たちが大勢登っていました。自転車は2台。イチジ峰で自転車の 方(杁差岳予定)を追い越してトップになる。今日の天候は1,400mからは谷からの強 風とガスの中、下部は蒸し暑く汗びっしょりです。頼母木小屋は先週から小屋番滞在し ており、水を引いており助かりました。北股岳山頂はガスの飛来の間に青空も望めまし たが視界は効きませんでした。  ガスの中の大石山  ヒメサユリがまだ残っていました。  今回はヨツバシオガマがきれいでした。  チシマキキョウ。イイでリンドウも咲き始めていましたがピンボケでした。  ニッコウキスゲも咲き始め、登山道はきれいに刈り払いされていました。  北股岳

続きを読む