6/6PARA胎内

 自宅で昼食を摂ってから胎内へ向かう。予報大外れ、週末の胎内の空は快晴の中、海風や北風が弱くサーマルソアリングの快適な一日でした。クラブの講習生達もぶんぶん回し高度を上げて楽しめたと思います。又K林さんは櫛形山脈へ、帰路牧草地にランディング。今日は25名のクラブ員と一日体験者2名で大賑わいでした。今日は午後から2フライトフライト時間1:58:45、MAX高度910m、残念ながらエリアからは出られずじまいでした。   O久保さんのテイクオフ   金さんのショートフライト    F井さんしっかりセンターリングして上がっていきます。追いかける「毒キノコ」⁈イクゾウさん   無人のテイクオフにお客様(カモシカ)   賑やかです   日本海に浮かぶ粟島   K林さん  ガーグルを形成しています

続きを読む

6/5 稲の管理

 今日は水稲トドロキワセの施肥とコシヒカリの除草剤散布を行いました。   動力散布機と肥料   肥料散布したトドロキワセの田、6/1にバサグラン粒剤を散布した場所です。他の田にも窒素成分で2㎏/10a(平均)散布しました。   コシヒカリの田には除草剤(バサグラン粒剤を1カ所)を1ヶ所散布しました。   田の雑草ホタルイの発芽状況   条間のホタルイ生育状況、結構大きくなってびっしりと生えています。この田は後日落水してから散布予定です。

続きを読む

6/5 日の出とコシヒカリ

 今日は地平線上に雲?があり陽が表れるには時間が過ぎています。また上昇しても水蒸気のせいか眩しくなく弱い光でした。   雲か湿気のため結構高い位置での日の出   陽射しが弱く丸い太陽が肉眼でも円い太陽がはっきり望めました

続きを読む

6/4 PARA胎内

 風弱く朝市一のサーマル狙いで一番乗りもほぼぶっ飛び、3度目の正直、3回目のトライで、テイクオフ上空900mまで上がり櫛形山脈目指し、北西に向けハーフアクセルで42km前後で牛舎を目指し突っ走る。それでも290号線まで1100mまで上がり、往復楽勝と思いきやその後サーマルなく櫛形稜線につくも、櫛形山山頂は眼下にすることなく引き返す。その後も上がらずに290号線手前の休耕地にランディングしました。迎えありがとうございました 今日のフライト3本、時間1:2055でした。   アベケンさんのテイクオフ   上空からの胎内テイクオフ     櫛形山脈上空からの胎内市街地と日本海   講習生、一日体験者、暑い中の練習(鍛錬)ご苦労様です。

続きを読む

6/4 今日の日の出

 今日は雲一つない快晴の中でのご来光です。   日の出直後   日の出2   日の出3   日の出直後の二王子岳と飯豊連峰

続きを読む

6/1日の出・ブルーベリーⅣ

   地平線上に雲があり陽が射すのが少し遅れました   田のコシヒカリも分げつ始めており、そろそろ中干の準備です。   実の大きさが不ぞろい。ブルーベリーらしさでしょうか?   丸い実は今月中旬頃収穫でしょうか、色付いてくると実は再び太り始めます。

続きを読む

5/31 日の出とコシヒカリ

5月31日の日の出+コシヒカリ+山です   日の出直後   二王子岳と飯豊連峰   五頭山   菅名山塊から白山、粟、守門岳   コシヒカリ田に映す日の出

続きを読む

5/30 PARA胎内

今日の胎内はクラブ員24名集合、午前中は風弱くサーマルソアリング日和。午後からは海風が入りサーマルがチギレてあまり高く上がりませんがリッジソアリングで2時間オーバーのフライト者続出しました。  テイクオフは満員  テイクオフ2  テイクオフ3   賑やかな胎内の空  リッジソアリングは満員御礼

続きを読む

5/27 北股岳

 4月のリベンジ。前回は林道開通していなく、梅花皮荘からの林道アプローチでしたが今回は飯豊山荘まで車で往復3時間の節約でき、時間的、体力的に余裕で登山及びスキー出来ました。先行パーテー(山スキー)2名を梶川沢手前に合流し、その後先頭に立ちました。他に単独行。梶川沢上流で靴を履き替えスキーで登る。北股沢上部の急斜面はアイゼン装着して電光型で登行。後続のパーテー、単独行もそのトレースに沿ってコぼって来たようです。快晴の下風も予報より強くなくマアマアの視界でした。十文字鞍部から空身で山頂往復し早めの昼食をとっていると後続者がやって来ました。石転び沢の滑降は雪もちょうどよい感じで柔らかく快適なスキーイングを楽しめました。   梶川沢上流で山スキー仕様に   石転び沢と入り門内沢の出会い上部の稜線は門内岳   ほん石転び沢出合からほん石転び沢上部   ほん石転び沢出合からの石転び沢上部   北股沢出合からの北股沢   北股岳山頂からの二王子岳方面   北股岳山頂から杁差岳方面の稜線   北股岳山頂から本山方面の稜線   十文字鞍部周辺から大日岳   十文字鞍部周辺から石転び沢をのぞき込む。後続の登山者3名確認できます

続きを読む