12/29 二王子岳

12月3回目の二王子岳。年末にも関わらず好天の下、大勢の登山者で賑わっていました。前日までの西高東低の気圧配置のおかげで新雪を踏みしめての山行でした。  5合目半のブナ林の枝に樹氷  油コボシ下からの三王子、二王子岳山頂樹氷で白い  三王子からの山頂  山頂からの飯豊  二本木山  高知山への稜線

続きを読む

12/21 二王子岳

 朝テカリに誘われて二王子岳へ。土曜日なので大勢いると思っていましたが、先行者1名だけでした。二王子神社の登山カードに記入しているとスドウさんと会い立ち話してから登山開始です。一合目までの杉林の中は積雪無く、前夜の雪が溶けてぼそぼそと落ちる。一合目半の一本杉からは新雪を踏みながらの登行。三合目から新雪10cmを越してワカンを履いて先行者を追っていきます。定高山の新雪は20cm、積雪は1m弱でした。三王子付近からはガスの中で視界50mほどで展望はまるでありませんでした。  一合目半の一本杉からの様子  一王子の避難小屋  一王子からワカン装着  三合目半付近のブナ林  五合目の定高山、積雪は1m弱  七合目付近、先行者のトレース  先行者、九合目手前にようやく合流し同行しました  山頂、ガスで展望は全く効きませんでした

続きを読む

12/17 菱ヶ岳

 奥村杉の駐車場は人気、車気無。小雨の中登山決行する。12月初旬の降雪もその後なく6合目付近まで雪を踏まず、落ち葉を踏みしめながらの登行でした。積雪もほとんどもぐらず、ワカンは着用しませんでした。  5合目付近  6合目からの杉ハナ  菱ヶ岳山頂  981mピークからの五頭と松平山  981mピークから大日山、野須張山。奥は菅名山塊

続きを読む

12/16 PARA阿賀野川河川敷

 昼食後に阿賀野川河川敷へ。すでに先着6名は昼食中、1時過ぎに北の風が2m位に安定して入って来ました。T田さん午後過ぎに到着し、今日は総勢8名でグラハンに汗を流しました。またケンさんがグラハン用のポールを自作、持参していただきさっそく使用させていただきました。 各自それぞれにグランドハンドリングしています。 グラハン練習 N沢さんのグラハン。ケンさん自作のポールを立てて行いました。

続きを読む

12/11 二王子岳

 冬季には珍しい3日間連続の好天です。3日連続山行の締めは二王子岳。今回は神社まで車で行けました。午前8時30分現在先着2名、一人は一王子神社下でワカンなしでズブズブぬかると下山途中で交差。先頭の方は登頂後下山時に油コボシ途中で交差しました。定高山からワカン着用、それでもズブズブとぬかりますがツボ足より歩き易く、山頂までワカンでした。快晴の下、大パノラマを堪能して来ました。 9合目からの山頂避難小屋 山頂からの朝日連峰 飯豊連峰 朝日連峰全景 赤津山、二つ峰へのアップダウンの激しい縦走路(雷山、枡取倉山、ヤンゲン峰) 飯豊連峰全景(杁差岳が切れています) 尾瀬燧ケ岳(右に至仏山、左に日光白根山がドーム状に見えています) 三王子までの稜線

続きを読む

12/10 鳴沢峰(880m)

 菅名山塊の北の鋭鋒鳴沢峰です。咲花からの予定が地図を忘れてしまい取り付きが分らず、結局小山田口から往路下山しました。 尾根取り付き(登山口) 痩せ尾根の登山道。雪は解けてありませんでした。 梢からの菅名岳 咲花温泉からの分岐点。積雪は60㎝位ワカンを履いています。 山頂から阿賀野川対岸の菱ヶ岳 山頂から二王子岳、焼峰山間に赤津山、飯豊と続く雷山、枡取倉山、ヤンゲン峰にが真正面です。

続きを読む

12/9 五頭山

 今回はスキー場跡から五、四、三、二、一の峰、三角点峰往復です。今日は快晴、三の峰尾根は大勢の登山者で賑やかそうでした。しかしスキー場跡のコースはトレースはありましたが復路登山口付近で一人会っただけでした。今回全コースワカンは着用しなくて済みました。 8合目付近から雪が多くなってきました。 青空にブナの雪華 五の峰のお地蔵さん(地蔵菩薩) 五の峰からの飯豊連峰 五の峰からの鳥海山遠望

続きを読む

12/7 五頭山

 12月に入ってから、日本海側特有の厚く低い雲の下での雨、みぞれ、雪の降る暗い日々が続きましたが、6日目には久しぶりに陽が射してきました。山へ行かなければ・・・。2週間ぶりの登山は今シーズン初めての積雪季、ワカンを背負い出掛けました。コースはどんぐりの森から三の峰尾根~三角点峰から三の峰、四の峰、五の峰から戻り三の峰、どんぐりの森でした 登山計画書の提出看板? 積雪10㎝程度。ここまで車が入っていました。 9合目付近のブナ。積雪は50から60㎝程、雪化粧したブナは結構綺麗です。 3の峰の避難小屋 稜線分岐点近くから振り返った前山と我がトレース。前山までトレースがありましたがそれ以降三角点峰までは一人でラッセルでした。 三角点峰から雪をまとって重そうなブナの梢の間からの新潟平野 三角点峰からの山並み遠望。左側から御神楽岳、鍋倉、日本平、魚止、太郎山 四の峰から五の峰と新潟平野。三の峰から五の峰の間もトレース無し、一人でラッセルして来ました

続きを読む

11/26 PARA胎内

 穏やかな1日。クラブ員15名集まり、晩秋のフライトを楽しみました。サーマルは穏やか、ゆったりとフライト出来ました。スキー場トップの風倉ゲレンデのリフト降り場までゆったり。しかし防寒が充分でなく寒さに震えながらのフライトでしたがそれでも標高1100mの世界は飯豊連峰一望でき楽しかったです。 晩秋の胎内リゾート 飯豊連峰の峰々と最高峰の大日岳(右側の台形の山) 飯豊連峰北端の新雪を待とう杁差岳 テイクオフの上空

続きを読む

11/22 倉手山

 飯豊の大パノラマ観賞すべく満点の星空の下家を出る。今日の出会った登山者は8名。先行者は仙台の人(単独)。下山したら5台すべて新潟ナンバーでした。山頂着いたら青空は雲に覆われてしまいましたが、清流玉川対岸の飯豊のたおやかな峰々を間近に観望出来ました。 登山口、降雪の跡の凍った落ち葉を踏みしめて すぐに雪を踏みしめながら 屈曲点からの杁差岳 屈曲点からの地神、頼母木山 山頂からの飯豊本山。残念ながら雲が一面張り出してコントラストが不足です 左から烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳。 扇の地紙から地神山、頼母木山方面

続きを読む